おそがけ戦略コンサル転身記

mseiya.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 21日

相談を受ける

高校3年の受験生の甥から「勉強に身が入らない、どうやれば集中力を高められるの?」との相談。「高3の今頃なにを言ってるのか?」と言いたいところであるが、身内だけに、これまで勉強をサボってきた事は差し置いて、とりあえず親身に聞いてやることに。

じゃあ、どうやればやる気がでるか?
・得意な勉強から手を付ける
・勉強の計画を立てる
・予備校に通う
・ライバルを作る
etc.....

方法論としては色々とアドバイスは可能。
でも本人も気付いていない本当の原因は「意識」に問題が有ること。
「意識」が変わらないと「行動」は変わらないから、いくら方法論を教えても「習慣」にならず結果につながらない。
つまり、この場合「何故勉強をしなきゃいけないのか」ということに対する本人の「意識」を問う必要が有るのだ。

・どうしてその大学に行きたいの?
・大学に行くのは目的か、それとも別の目的に対する手段か?
・その目的に対して大学に行かないと自分の中で何がマズイの?(別に行かなくても他にやり方無いの?)

と、しつこく追い込んで聞いてみる。
そうすることで、本人に目的レベルの低さ、何となくそうしなきゃいけないという思い込み、などがあることを気付かせる。
[PR]

by miyakeseiya | 2009-06-21 01:21 | 雑感


<< 大のコンサル嫌い      喋りが苦手なコンサル屋 >>