おそがけ戦略コンサル転身記

mseiya.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 17日

日本的組織の強みと弱み

現場組織で中間管理職をやり始めてはや4年が経ちました。
その間いろんなことやったんですが、現場組織を活性化するというのが一応の私の目標でありました。しかし、合理的に物事を良くしようとしてもなかなかうまくいかない。その理由は「日本的組織への理解不足」ではないかと最近思う訳です。

欧米の良好事例を引き出して「責任を明確にして、業務を効率的に・・」といったことがうまくいかないことに対しては、日本的組織の理解の不足がネックである。
欧米と比較して、日本的組織の特徴とは、

・組織の境界や個人のミッションをはっきりさせず、協調的に課題を共有する
・業務成果は個人より組織に帰属する
・終身雇用を基本とした安定的な職位保障の前提

これらの特徴により生じる強みとして、会社に対する忠誠心の高さ、チームワークの尊重、仲間との信頼を重んじる行動様式、などがあげられる。

ところが、これら日本的組織の強みとは裏腹に、内輪の論理の優先、変化への抵抗、問題処理の遅延、などといった弱みに転じやすい脆さを孕んでいる。

このような強みが弱みに転ずるかどうかの境目はなにか?
それは、組織がその目標を失った時に弱みに転してしまうのではないか。

なぜなら、日本的組織を牽引するパワーの源は「みんな一丸となって頑張ろう!!」的な共通目的によるものだと思う。これは高度成長期の時代に日本企業がとてもうまくいった理由でもある。

しかし、現在のように、顧客の価値観の多様化、一律の経済成長の終焉とともに、みんなで共有できる分かりやすい会社の共通目的が薄れ、また、業務が複雑化したことや、会社のルールが厳しくなったせいで下部組織の自主性が奪われたことなどにより、日本的組織の弱みが顕在化するようになったのではないか?と私は思っている。

弱体化した組織にむち打つべく、成果主義や選抜主義などを取り入れて見たものの、うまく機能せず、協調性という日本的組織の強みをさらに弱めてしまったというのはよく聞く話。

しかし、このような、頑張った人が報われるという欧米的な成果報酬主義は組織としては至って健全であるし、企業価値を意識すれば当然必要なマネジメントである。

日本的組織にこれを当てはめる際に必要なことは個人の視座を少しでも高めてやることでうまくいくのではないだろうか。すなわち組織の個人が、

「会社は何を目指しているのか」(社会における会社の存在意義)
「人生の大切な時間をなぜここで費やしているのか」(組織目標と価値観の整合)
「自分はいったい何が出来るのか」(自発的な貢献)

といった使命感を実感できること。
リーダーはそういう個人の心のケア、いわゆる個人のマインドマネジメントに努力を払うことによって日本的組織の強みが生きてくるのではないだろうか。
[PR]

by miyakeseiya | 2007-07-17 23:05 | MBA、経営


<< 「すいません、ゲタ落としたんで...      指一本の執念が勝負を決める >>