おそがけ戦略コンサル転身記

mseiya.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 30日

休みたいなら辞めろ

日本電産の永守社長の発言が波紋を呼んでいるようだ。

永守社長は4月23日の記者会見で「休みたいならやめればいい」と発言したと24日付けの朝日新聞朝刊(大阪本社版)で報じられた。
(正しくは「社員全員が休日返上で働く企業だから成長できるし給料も上がる。たっぷり休んで、結果的に会社が傾いて人員整理するのでは意味がない」と発言したとのこと。)

これに対して、連合の高木会長が「言語道断」と断じ、その後桝添厚生労働大臣が「きちんと調査し、指導すべきは指導する」と発言。

日本電産の労働実態は不明だが、この永守社長は倒産寸前の会社を買収し、一人も解雇せずに事業再生させ、雇用を守った人なのである。
したがって、連合会長の高木さんはむしろこの経営者に感謝状を贈るべきなのでは?と思う次第。

「24時間働けますか?ビジネスマン~」というキャッチフレーズがはやったのは一昔前。今やれば、「言語道断」とすぐに糾弾されそう。

ゆとり、ワークライフバランス、格差社会問題など、働くことに対して一歩距離を置く風潮があるように思えます。また、「少しでも楽をしたい」、「自分本位で」、ということを何かにすがって実現したいという甘えの精神が蔓延しているのではないか、という気さえしてきます。

しかし、これは働く側だけの問題ではなく、仕事が以前よりつまらないものになっていることにより、労働者が仕事に対してあきらめ感を感じているからかもしれません。

本来労働というのは本来対価を得る手段だけでなく、それを通して自らの成長させる機会でもあるのが理想。そのような機会を与えていない経営者には確かに問題は有るのかもしれません。

労働組合には労働時間の短縮のみならず、是非そういう「労働の質」に対して経営者に切り込んでもらいたいものです。

日本電産という会社には「厳しくてもこの会社でがむしゃらにやってみたい」という多くの中途採用者が集まって来ています。これを「過酷労働」と同列に扱うのは誤りではないでしょうか。
[PR]

by miyakeseiya | 2008-04-30 10:16 | 雑感


<< さて、      Interview >>