おそがけ戦略コンサル転身記

mseiya.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 28日

まずやってみる

新しい事業をやりたいので市場の魅力度を評価して欲しい。
どの事業に出れば良いか考えて欲しい。
わが社のポテンシャルでどれくらいシェアがとれるか知りたい。

戦略コンサルに持ち込まれるテーマとしては問題ないが、これらのことを一生懸命検討して提示したとしても「もっと教えて欲しい」「こういう場合ならどうなるか?」とキリがないことになってしまう。

大切なことはビジネスという本来不確定なものにどう立ち向かうか。
事前に予測できることはごくわずか。つまりやってみないと分からないことの方が圧倒的に多いのだ。

戦略コンサルの提示するものは、ロジック、ファクト、ロジック、ファクト・・・

「難しい事考えずにまずやってみましょう!!」
戦略コンサルがこんな事を行ったら廃業でしょうか?(爆)

「じっくり考えて、大胆に決断。」
これはある社長さんから聞いた言葉。

この「じっくり考えて」のところをサポートするのが戦略コンサルの仕事。
つまり戦略コンサルは意外と地味な仕事なのです。
[PR]

by miyakeseiya | 2008-08-28 07:47 | 仕事


<< 失態      意思のレベル >>