おそがけ戦略コンサル転身記

mseiya.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 18日

Why, What, How

なぜ、そもそもそれを考える必要があるのか?(Why)
何をするのが最適解か?(What)
どうやってやれば一番うまくいけるか?(How)

この三つのスジがちゃんと通っていること。
これは戦略コンサルの基本形として大切。

一生懸命Whatを考えているとき、ふと、これってこの会社にとって何がよかったんだ?
って思うときがある。Why論を意識することは全体感を見失わないためにも必要だし、われわれ戦略コンサルが大切にする「経営者の視点」って常に「Why」を意識していることじゃないかって思う。でも、いきなりWhat、Howから始まっているケースってスジが悪いし、実は結構あったりする。

クライアントから事業部門長あたりから「こういうことを考えてほしい」って言われると、最初はある程度それに合わせることは必要なんだろうし、ケースの「売り方」としてはそういう態度が必要かもしれない。でも、一旦こちらがドライブを握ったら、トコトン「Why」を詰めて、経営視点で解を求めていく態度が「戦略コンサル」としてのあるべき姿。

こういうコンサルの基本形って改めて大事だと思う。
調査や分析を徹底したり、Know-Howを売るこコンサルティングは世の中にいくらでも有る。

戦略コンサルって何が価値なのか?
明らかに他と違う価値を出せているかどうか?
ことしはこれをきちんと具体化させていきたい。
[PR]

by miyakeseiya | 2009-01-18 09:15 | 仕事


<< ひと段落      客観的であること >>