おそがけ戦略コンサル転身記

mseiya.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:仕事( 47 )


2008年 02月 22日

考えること

コンサルタントは「考えること」が仕事。だから考えることに関しては人に任せない。相手に考えさせるようでは駄目で、考えることは進んで引き受ける。他人が考えたフレームに乗って楽をすると、後で返って苦労する羽目に。

今日はプロジェクトのミーティングでディレクターから激しい追い込み。「論点は?」「だから何?」「もっとマシな表現は?」と延々・・・。さすがに脳ミソが疲れた。

「考えること」に関しては他人をリードしよう。そうしないと仕事もリードできない。
[PR]

by miyakeseiya | 2008-02-22 20:38 | 仕事
2008年 02月 12日

キックオフ

先日のプロポーザルの仕事が少しゆっくり進んでいるので、当面そちらは見届けながら、急遽新しく始まるケースに飛び込むことに。まったく知らない業界だったのですが、この三連休で必死にキャッチアップ。今日はそのケースのキックオフに出席。何とか場をつなぎました・・・。クライアントからは「この三連休の遊び仕事の疲れが取れていないようですねー。」と言われ、苦笑い・・・・。

このところ、コンサルの発注が非常に旺盛。
基本的に案件の掛け持ちはしないのが暗黙ルールなので、ディレクターは人の配置に苦労しているようです。

聞くところによると景気の変わり目にコンサルの発注が増える傾向だそうです。
[PR]

by miyakeseiya | 2008-02-12 16:25 | 仕事
2008年 01月 30日

コンサルの言葉

昨日は初めてのお客さん訪問。
とある公益企業、前職と非常に似た雰囲気が懐かしい感じ。
今回は中堅社員の研修発表会の好評をするというお仕事だったのですが、今後僕がコンサルティングでお世話になりそうということで先輩に随行。

会社の変革、イノベーションをどうやってもたらすか。そういう話題でコメント。
知識とか論理性といった話す内容も大事なんですが、それを人の心に響く簡素な言葉に変換することが大切。ベテランはその辺が非常にうまい。

「変革の量は意識の大きさに比例する」
だったかな。
こういうフレーズはちゃんと自分の引き出しに入れておかねば。

さて、
自分の仕事も来週から本格的になりそう。
今日は自分の作ったプロポーザル資料のディレクターチェック。
めちゃくちゃ直されるんやろうな。
[PR]

by miyakeseiya | 2008-01-30 09:48 | 仕事
2008年 01月 25日

マテ

このところ必死にマテ(プレゼン資料)を作っています。
あっという間に時間が過ぎて、気がついたら時計が一周半するくらい仕事していますが、なかなかうまいこといかず苦戦。
ついつい情報集めばかりしてしまって、なかなかアウトプットに繋がらない。聞いてみると誰でも最初に落ちる穴らしいです(笑)。
先輩のマテを見るとため息が出る。
メッセージ、ストーリー、ロジカル、デザイン、、
レベル上げなくては・・・。
[PR]

by miyakeseiya | 2008-01-25 09:47 | 仕事
2008年 01月 23日

時間軸

入社3日目となりましたが、早速フル稼働状態に(笑)。
でも居心地はいい。早いサイクルは自分にはあっているのかも。
忙しくても自分で考えて動けるところもいい。

面接の時に持ち込んだ自分のコンサルプランが「ぜひやろう」ってことになって早速プロポーザル資料つくり。昨日の晩23時過ぎに箇条書きで作ったシナリオをマネジャーに送っておいたらなんと朝にはプレゼンができていました(爆)。早すぎる・・・。

残念なことがひとつ。
このファームで一緒に仕事がしたかった大物のシニアマネジャーが退職とのこと。事業再生のファームに移るらしい。この業界では仕方ないことなんでしょうけどタイミング悪い。

いずれにせよ、この業界は時間軸が違います。
[PR]

by miyakeseiya | 2008-01-23 09:40 | 仕事
2008年 01月 21日

初出勤!

今日はめでたし初出勤。

朝は9時過ぎにふらーっとオフィスに。最初からこんなんでええのか、って感じですが、別に辞令交付があるわけでもなく、事務の方から30分くらい諸手続きの説明を受けてすんなりと社員となりました(笑)。

社内のデータベースにも(当然ながら)アクセスでき、過去のケースワークを見てみると、有名な会社がズラズラと出てきました。戦略コンサルはちゃんと日本の産業界に貢献しているように思われます、たぶん。

そうこうしているうちにマネジャーから呼び出されて、早速ケースにアサイン。しかも3つのケースに!

ということで今日はいきなり残業です・・・・。
[PR]

by miyakeseiya | 2008-01-21 19:43 | 仕事
2008年 01月 19日

変えること

もう一つ。
会社の人の何人かに「どうしてうちの会社は良くならないんでしょう?」との質問。
それは「変えようとしないから」ではないかと思う。会社にとって「変えること」はとても労力が大きく抵抗が大きい。でもそれをしないと内部、外部の環境変化に適応できずひずみを生む。問題が起こるとその現象に対策を打つことでしのいでしまう。実のところ根本的な原因が解消されず問題は別の形で再発する。仕事の仕方、組織、意識、それぞれ状況によって変えていく必要がある。

「変えないこと」のもう一つの弊害。変えないことで仕事のフォーマットが固定化される。そのフォーマットに従って情報を加工したり、右から左に流すことに専念し始める。みんな忙しく仕事をしている様に見えるが、生み出すものは少なく生産性は低い。自分の知恵や意見を反映する隙間がなくなってモチベーションが下がる。社員からは忙しいことに対する不満ばかりが噴出する。

自ら自分を変えることは難しい。そういうときに外部から客観的に意見するコンサルタントの出番。
いい仕事したいね!
[PR]

by miyakeseiya | 2008-01-19 12:42 | 仕事
2008年 01月 19日

三か条

神戸空港から東京に帰る便が欠航になってしまい、時間が余ったのでブログ記事をもう一つ。安いからと新参航空会社を使っていますが、整備不良による遅延をすでに2回経験。メンテナンス体制は大丈夫か?とちょっと心配。やっぱり今度からこの航空会社使うの止めたほうがいいかな・・・・。

さて、あさってからついに戦略コンサルタントとしての生活が始まりますが、それにあたって自ら気をつけていきたいことを3つ。

1つ目は、自分の領域を広げること。37歳になって頭が固くなっている(笑)に加え、業界経験も豊かな反面、ついその経験知に頼ってしまいがちになる。「こういうときはこういうものだ」ではなく「本当にそうか」「なぜそうなっているのか」を常に意識すること。そのためには、ゼロベースで考えること、新しい知識や考え方を臆せず吸収していくこと。また、BCGの御立さんも述べているレンズの視点。物事を見るときは視点を広くしたり狭くしたり、角度を変えてみたりすることで本当の問題や解決法が見えてくる。

2つ目は、自分の管理。時間管理ともいえるが、簡単に言うと「今やるべきことだけやる」こと。これは意外と難しい。つい「気になること」からやってしまう。忙しい身になるだけに、自分の行動をしっかり律しないと時間が足りなくなる。

3つ目は、簡潔であること。伝えたいことはなるべくシンプルに言うこと。僕は話が長いのです(笑)。豊富な情報にアクセスできるし、ロジック思考とか重視してつい最初から最後までしゃべってしまう。「問題なんですか?」と聞かれて「一番大切なのはこれです」とだけすっきり言うほうがわかりやすくカッコいい。

それと、プラスアルファ「周囲への感謝」。いろいろな人に助けられるだけに、これだけは忘れないように・・・・。
[PR]

by miyakeseiya | 2008-01-19 12:18 | 仕事
2007年 12月 29日

御挨拶

生活もようやく緒についたこともあり、今度お世話になる会社に御挨拶訪問。
一緒にランチをしましょうということでマネジャーのお二人と外出したのですが、食事中もひっきりなしに電話が鳴ってくるなど、仕事納めなど関係ない、といった感じの忙しさぶり。そんな状況で2時間半も雑談におつきあい頂きました。(戦コンは話し好きです)

コンサルの仕事の実際について色々と聞いたのですが、その中で興味深かったのは、最近事業再生案件が増えてきているとのこと。一時期景気が上向いて案件が減っていたそうですが、また景気が停滞してきたことが伺えるようです。特に、液晶パネルのように急激な価格低下に伴って、上流の部材メーカーなどが立ち行かなくなるようなパターンが多いとのこと。供給過剰の状況においては付加価値をあげていかないと価格がどんどん下がってしまうということです。事業再生は自分にとって一つのテーマであり、なかなか良いタイミングかも。

最近の採用状況について、
当ファームは退職する人が割と少ないこともあって、今年は私を含めて中途採用は5人足らずだったそうです。しかし、仕事がかなり増えてきていて、戦コン全般に採用意欲はかなり上向いているとのこと。当ファームも来年は採用を増やす予定らしい。ちなみに応募者も多く、倍率は100倍近くもあるらしく、面接は毎日やっている状況とのことです。

その他、激務の中家族とどうやってやりくりしていくか、とか現実的な話で盛り上がりました。これには皆さん苦労されているとのことですが、家族持ちの人は土日仕事を家でやるとか、出社時間を遅くして朝に顔を合わすとかされているそうです。その方は、「1に健康、2に家族、3に仕事」という原則で、これが守れないならこの仕事から下りるという決めごとをしているそうです(でも実際外から見るとどう見ても「1に仕事」になっているそうですが(笑))。厳しい仕事ゆえ、自己管理は相当重要です。

最後に「1月21日まで仕事のことを考えず、貴重な家族との時間を楽しんでください」とのお言葉。ちょっと身が引き締まりました。
[PR]

by miyakeseiya | 2007-12-29 07:32 | 仕事
2007年 11月 26日

理屈だけでは・・・。

先日ベテランの方とある仕事で意見が対立して軽い口論に。
「係長がそうおっしゃるならそうしますけどね(怒)!」
(こういう決着を社内的には「強姦」と言います。)

理屈でねじ伏せようとしたのが間違いだった。
このような理解で仕事をしても良い結果にはならない。
人は自分の意識レベル以上の行動は出来ないから。

巷では「ロジック」「論理的思考」が大事と言われ、自分も何か上手く行かないと論理をつめて考える癖がついている。

相手の知識、感情、立場など、それらを考慮したうえで、その人が発する言葉や理解の方向性を読まないと納得、というか「気づき」をしてもらうことは難しい。

他人に正しい答えを教えても駄目、気づきを与えて行動を促すことを心がけるべし、と。
[PR]

by miyakeseiya | 2007-11-26 12:45 | 仕事