おそがけ戦略コンサル転身記

mseiya.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:雑感( 45 )


2007年 11月 06日

ようやく・・・

しばらくブログに手を付けられないほど憔悴してました・・・・。

大きな決断、必要な説得、
その後の関係者への説明まわり。
かなりくたくたに。
ようやくすべて整い、前向きに。
これらが楽しみ。
[PR]

by miyakeseiya | 2007-11-06 05:38 | 雑感
2007年 09月 20日

何をすべきか

バランスのよい決断をするときに必要なこと。

「やりたいこと」「やるべきこと」「やれること」

の3つのどれも欠けていないことを確認する。
どうしても「やりたいこと」で判断していることが多いので。
特に人生の重要な決断をするときは重要です。
[PR]

by miyakeseiya | 2007-09-20 16:15 | 雑感
2007年 09月 04日

金持ち父さん貧乏父さん

以前CPAの受験で知り合いになったK.F.さんが薦めてくれた「金持ち父さん貧乏父さん」、アマゾンで200円と破格値で購入。

この本、なかなか示唆があります。
まず、貧乏父さんの特徴
・高学歴で安定した職を目指す
・企業または役人でいい給料をもらう
・もらった給料で立派な家や車を買うことがステータス

これは一般的に見て成功しているように思えますが、高給取りでもお金持ちにはなれない人がほとんど。理由は、
・給料が上がるたびにいろんなものを買う(支出が増える)
・給料にあわせてローンを組む
・給料が上がるに従い、税金が増える
・家を資産と勘違いしている(実は負債)
その結果、常に負債を抱え、
これを返済するために一生懸命頑張る→給料が増える→またローンを組む→手に入れたものを失いたくないという恐怖心から会社への依存度は高まる→自分のやりたいことより会社の求めに縛られる
というサイクルにはまる。

これに対して金持ち父さんは、
・お金のために働かない
・もらった給料は資産を作るために投資する
・モノは所有しないで借りる
・資産とは特許、ビジネス、不動産、学び(自分自身)
・会社を作って節税する

つまり、お金を生む仕組みを作るために働くということです。
その結果自分のやりたいこと、学びたいことを学び、充実した人生を送ることが出来る。
そういう発想ってサラリーマンしてるとつい忘れてしまうのだが・・・・。
[PR]

by miyakeseiya | 2007-09-04 12:15 | 雑感
2007年 09月 03日

モジュラーorインテグラル?

今日の日経新聞の記事「核心」に出ていた液晶テレビとiPodの収益モデルの比較。前者は液晶パネルから製品組立てまで一貫して生産する垂直統合(インテグラル)型のビジネスモデル。製造技術の先端性を強みに、これを内部に蓄積して他者との差別化を図る。後者は巷にある技術を組み合わせ、革新的なユーザーインターフェイスとまったく新しいユーザー価値を提供することに集中し、生産は外部委託とするモジュラー型である。記事はこれらを製造業の「選択肢」と述べているが、インテグラル型は日本の得意とするところで、モジュラー型のビジネスモデルは見当たらない。

話題のiPhoneの粗利率はなんと55%もあるそう。価格決定要素は製造コストではなく「付加価値」で決まっている。これに対して、年数割で価格下落する液晶テレビの価格は、常にぎりぎりのコストで推移する。

日本の製造業の営業利益率の低さはこういうところにある。既存の技術の改善は儲からない。「モジュラー」を出せるほどの創造性を生み出す鍵はなんだろうか?日本の大企業組織には難しい宿題か?
[PR]

by miyakeseiya | 2007-09-03 15:56 | 雑感
2007年 09月 02日

こどもに教えること

子供に教えるべきこと
勉強して安定した職に就くという常識を疑う
計算、読み書き、教える必要性。ほんとうか?
タブーをつくる危険、yes、noだけで判断(両方のバランスなし)
会社に働くことで幸せの保証を得られる前提とは何か
今までのひとが会社で裕福だった結果、何が残ったか?
会社が今までの人に厚遇してきた結果今どうなっているか?これからもそれが出来る前提があるか?
組織、政府、親に頼っている人ほど自分を省みず文句を言う。
頼っているものが疑わしいと自分に危険が及ぶからである。
考えるかわりに感情に動かされていないか?
[PR]

by miyakeseiya | 2007-09-02 06:11 | 雑感
2007年 08月 04日

「すいません、ゲタ落としたんですけど・・・。」

今日は地元の花火大会がありました。といっても、花火を見に行ったのではなく、地区の役員の仕事で防犯警備のお仕事をしてきました。
警察と見間違うようなコスチュームを着させられて会場を見回りするというもの。

会社の人にも何人か出会い、「そっちの方が合ってるぞ!」とか「うそくさ〜」とか散々言われたものの、いつもと違う様に見られてそれはそれで楽しい感じ。

で、徘徊していると、女性(おばさん)に「すいませ〜ん、ゲタ落としたんですけど」と突然引き止められて見てみると、土手の下にゲタが。
『え、取ってくれってこと?』と思いながら、土手を飛び降りてゲタを取ってあげると、
「言うてみるもんやな〜」てな応対で特にお礼もなし。「ムカ〜」と来たけど、「まあ、いいことしたからそれでいいか」と。
「警察ならそれくらいしてくれて当たり前」という傲慢な態度をひしひし実感致しました。ほんとお巡りさんは大変です。みなさんもっと感謝しましょう!

ところで、近ごろ企業のちょっとしたトラブル、たとえば、ちょっとした製品の欠陥なんかでかなり厳しく叩かれる事がよくあります。「大企業なんだからそんな事も出来ないとは怠慢だ!」とか。大企業も人で成り立ってるんだから、たまには失敗もするでしょ、と思うのですが情け容赦無いのが最近の風潮です。これも「大企業なんだから完璧にできて当たり前」という考えが前提です。

他人に頼ったり、批判したりするのも別にいいのですが、その相手や対象を自分に置き換えてみて「自分だったらそこまで出来るのか」ということを考えた上で言わないと単なる甘え、批評になってしまうのだな、と痛感。

それにしても、ほんと、人は見かけで判断されてるって事を学んだ経験でした・・・。
[PR]

by miyakeseiya | 2007-08-04 22:30 | 雑感
2007年 07月 11日

晴れない

最近(というかCPA試験落伍以来ずっと)気持ちが晴れない状況が続いている。
ブログを書くのもおっくうで、記事が進みません。
先日も風邪をこじらせて肺炎になってしまうわ(もうよくなりましたが)、なんか調子悪いです。
CPAの挑戦は時間切れということで、中断しています。
たぶんそのせいで五月病みたいな状況でしょうか。
やっぱり何か目標もってやっている方がいいみたいです。
[PR]

by miyakeseiya | 2007-07-11 07:07 | 雑感
2007年 06月 05日

リーダーシップ

マッキンゼーのHPを見ていたらこんなページを見つけました。
チームワークでのリーダーシップを測るRPゲームです。
なかなか面白いです。最後には点数をつけてくれて、自分がどれくらいのレベルかわかります。

「重要なメンバーが大事なとき出張で不在になる」

これに対する答えが、この会社のワークスタイルを物語っていると思いました。
マッキンおそるべし・・。
[PR]

by miyakeseiya | 2007-06-05 22:19 | 雑感
2007年 05月 14日

素朴なことに疑問をもつ

昨日神戸大学MBAのOB組織の主催で、田淵秀乙氏によるロジカルシンキングのセミナーが開かれたので参加してきた。ロジカルシンキングの手法についてはさまざまな書籍で解説されているので真新しいものではないが、ロジカルシンキングという一つの思考スタイルを身につけるために必要なことは、普段から「素朴な疑問を持つ」ことだそうだ。

テーマは何でもいい。普段の生活で思いつくことなら何でもいい。
たとえば、「なぜ関西ではエスカレータの右に立つのか?」「ホテルではなぜサービス料をとられるのか?」「どうしてデパートの一階はみな化粧品売り場なのか?」など。
別に正しい答えを知る必要は無い。自分なりに原因を分類し、仮設を立て、検証してみるということを癖にしていれば、自然と物事を論理的に捉えることができるようになる(はず)。

会社生活が長いと、仕事での「素朴な疑問」も抱かなくなってきている気が・・・。
会社の問題解決も「素朴な疑問」が出発点。
[PR]

by miyakeseiya | 2007-05-14 12:43 | 雑感
2007年 04月 14日

有機EL

ちょっと話題が飛びますが、最近のうれしいニュース。これです。
e0031770_5561046.jpg


有機ELのディスプレイがSONYから今年中に製品化されるとのこと。薄さ1cm以下、超高画質。ついに来たかという感じ。これが来たら液晶やプラズマなんて無くなるだろう。
実は約10年前、僕が大学院の研究でやっていたテーマはこの有機ELだった。

その頃はまだガラスの基板上で緑色がやっとピカーと光るくらいで「やったー光ったぞ」ってな感じで、ディスプレイなんて夢のまた夢だったが、すごいポテンシャルをもった技術だと信じていた。最近では照明なんかにも応用されようとしていて注目を浴びている。
というのも、液晶のバックライト方式とは違い、自ら発光するという特性と、なんといっても有機材料(プラスチックみたいなもの)の薄膜なので紙のように薄くできる。

そのころ学会でよくお見かけした方が今でも活躍されており、有機ELの製品化に大きく貢献されています。

僕は研究というのがどうしても苦手で残念ながらその後の貢献は出来なかったのですが、ここまで来たかとうれしい限りです。

このディスプレイ絶対買おう!SONYの株も買おうかな。
[PR]

by miyakeseiya | 2007-04-14 06:14 | 雑感