おそがけ戦略コンサル転身記

mseiya.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2006年 09月 29日

CPA取得の目的

再受験にどうしてもやる気が沸いてこない。過去6ヶ月かけてきた時間と予備校に払った60万円のことを考えるとやめられないというのが実のところですが、そんな後ろ向きの理由でやるのはむなしいし、闇雲に資格取得の勉強に燃えても目的と手段をわからない気の毒な資格マニアになってしまいかねないし。ましてやキャリアにおいて回り道しているほど若くないし・・・。

なので、初心に帰り、「そもそもCPAなんでとんねん?」ということを再確認したく。
こういう難関資格をとるのにはお金も時間も浪費しますので、ちゃんとした目的をもって、覚悟をもって望まなければなりません。

そもそもCPAを取ろうと思ったきっかけはMBAをでて、「もっと専門性を高めたい」と考えたから。特に財務・会計の知識は会社の経営管理を理解するために必須の知識です。会計の授業もあったのですが、所詮数回の授業でさらっとやっただけなので、とても深い知識までは学べません。最近は事業再生やM&A、さらにはSOX法の導入などにより会計の知識をもった人材のニーズは高まっていますし、自ら経営に携わる場合、以前にも増して会計の知識(リテラシー)はとても重要になってきています。ということで会計のスペシャリストの証明であるCPA(公認会計士)の資格は職業会計人として監査法人で仕事をするという目的だけでなく、経営にかかわるビジネスマンにとって有用なものとなっています。それなりの会計一般知識をえるためにCPAまで取る必要は無いかもしれませんが、社内での異動や転職におけるアピールとして、その目的に合う資格は間違いなく有利です。とくに業務経験が無い場合それを補完してくれます。

資格を取ったから何かすぐに仕事が出来るというほど甘いものではありませんし、その資格を通した知識を仕事を通して発展させて活用するという姿勢を持つことの重要性を肝に銘じておきたいと思います。
[PR]

by miyakeseiya | 2006-09-29 16:35 | キャリア
2006年 09月 29日

気を取り直して・・・

8月末にハワイに行って受けてきたUS-CPAの結果が送られてきました。
米国のAICPAから科目ごと別々の封筒で送られてきました。昨日届いたのは4科目のうち3科目。結構手ごたえあったし、4科目のうち、3科目は取れただろうな、とおもいがなら、すこしワクワクしながら開封。

しかし、、な、なんと3科目とも不合格!しっかりと「FAIL」とむなしい記載がされてました。
大体半年でCPAを取ろうという無謀な計画だったのでしょうがないとも思えるのですが、試験の手ごたえはあったつもりなので結構ショック大・・・。一応この半年間は毎日4時に起きて耐えてきたのに、やっぱしやるべきことはもっとあったのね。。何とか予備校のテキストは仕上げたと思ったけど、演習が足りなかったみたい。電話帳みたいに分厚い問題集4冊を横目に、「どうするかなー。」とため息。ということで、もう一度受験する気力はまだ出てきませんが、とりあえず今日はブルーです。
[PR]

by miyakeseiya | 2006-09-29 12:29 | キャリア
2006年 09月 27日

視座の高さ

先日MBAの同窓会があり、久々に学友たちと飲み交わす機会がありました。そういうときに決まって交わす言葉が、「最近仕事楽しい?」とか、「転職考えてんの?」といったもの。もともとMBAに来るような人たちなので、キャリアについては関心が高い人が多いのです。新たなチャンスを求め、既に転職なさった方もいるのですが、そのまま会社にとどまって活躍されている方も多くおられます。その時の会話の中である方が、「どこにいても自分の役割はある」という事をおっしゃっていました。いまの会社がつまらないから、という理由ですぐに転職を考えるのではなく、まず今の立場を再確認して、そこでどのような貢献ができるのか、また自分の属する業界を発展させるために、自分はどうコミットしていくべきなのか、という高い視座で考えてみる事が大切ということです。それでもやはり自分としての役割が無いというのであれば、他の場所を探せば良いのではないでしょうか。
[PR]

by miyakeseiya | 2006-09-27 09:59 | キャリア
2006年 09月 25日

勉強の時間をつくる

キャリアアップをするために資格をとったり、学校に通ったりすることって重要なことですが、仕事が忙しかったり、家庭を持ったりすると勉強する時間をつくるのって結構大変ですよね。僕の場合、仕事は幸いそんなに忙しくないのですが、1歳と5歳の子供たちが、仕事から帰ってきた僕を待ちかまえていて、家では勉強など絶対させてもらえません。なので、子供を寝かしつけ、自分もそのまま寝てしまい、朝4時に起きて、7時までの3時間で勉強。これがなかなかよいのです。最初は起きるのがしんどかったけど、慣れれば朝はとっても静かで勉強には最適。もうかれこれ3年はこういう生活をしています。おかげさまで、社会人MBAを卒業し、CPAの受験もこなせました。
[PR]

by miyakeseiya | 2006-09-25 06:47 | キャリア