おそがけ戦略コンサル転身記

mseiya.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 31日

効率が10倍アップする新・知的生産術

電車の吊り広告に出ていて「自分をグーグル化する方法」というサブタイトルに引かれて早速購入。現職に変わってから扱う情報の幅が一気に広がり、必要な情報をどうやって獲得して、それをどう整理するかというのがひとつの課題になっていたという理由もあります。

情報を獲得するということを賢くやっていくというのは、自分の生き方にも大きく影響します。昔のようにある程度保障されたものがある時代ならそれにすがればよいのですが、これだけ世の中が不確定になってくると、情報感度が高く、それに基づいて行動できる人とそうでない人の間に人生の豊かさの面でかなり差がついてくるように思います。また、情報を持ち、また自ら発信できる人は同時に人脈も築いていて、それにより多様な機会に出会うことができます。

この本の著者の勝間さんは元マッキンゼーの方ですが、その時代にこのような情報感度を磨いていったそうです。情報のフローとストックの効率を極限まで高めることで、3人の娘の母でありながら、多くの著書を出版し、同時に経済評論家、かつ大学院博士課程の学生としてマルチプルに活躍されています。

私のほうはといえば、今日も新しいテーマの情報収集に奔走し、書類の山にうずもれて情報と格闘しているところです・・・・。
[PR]

by miyakeseiya | 2008-01-31 05:59 | 書評
2008年 01月 30日

越えた壁

①戦略コンサル会社に入れるスキルを身につける
②長らく働いた会社を辞める決心をする
③嫁を説得する(爆)
[PR]

by miyakeseiya | 2008-01-30 10:51 | キャリア
2008年 01月 30日

コンサルの言葉

昨日は初めてのお客さん訪問。
とある公益企業、前職と非常に似た雰囲気が懐かしい感じ。
今回は中堅社員の研修発表会の好評をするというお仕事だったのですが、今後僕がコンサルティングでお世話になりそうということで先輩に随行。

会社の変革、イノベーションをどうやってもたらすか。そういう話題でコメント。
知識とか論理性といった話す内容も大事なんですが、それを人の心に響く簡素な言葉に変換することが大切。ベテランはその辺が非常にうまい。

「変革の量は意識の大きさに比例する」
だったかな。
こういうフレーズはちゃんと自分の引き出しに入れておかねば。

さて、
自分の仕事も来週から本格的になりそう。
今日は自分の作ったプロポーザル資料のディレクターチェック。
めちゃくちゃ直されるんやろうな。
[PR]

by miyakeseiya | 2008-01-30 09:48 | 仕事
2008年 01月 28日

スペック

小学校に入る前の娘の周囲では、
「漢字が書ける」「かけ算できる」「英語が話せる」・・・
英才教育というのか、すこしでも早く出し抜きたい親の成せる技か。
幼稚園の間はもっとやることあるやろ・・・、って思うのだが。
比べやすい事にこだわる親が多すぎる。

ひるがえって、日本の電機メーカー、
シャープがこの度、厚さ3.44cmの液晶テレビを発売した。薄型で先行していた日立より僅か0.06cm差をつけたとのこと・・・。
スペックで出し抜かないと勝ち抜けないが、過当競争で利益率は下がるジレンマ。
模倣されやすいことに付加価値は付かない。
こういう競争は日本の得意とするところだが、もっと違う切り口はないか?
[PR]

by miyakeseiya | 2008-01-28 05:48 | 雑感
2008年 01月 25日

マテ

このところ必死にマテ(プレゼン資料)を作っています。
あっという間に時間が過ぎて、気がついたら時計が一周半するくらい仕事していますが、なかなかうまいこといかず苦戦。
ついつい情報集めばかりしてしまって、なかなかアウトプットに繋がらない。聞いてみると誰でも最初に落ちる穴らしいです(笑)。
先輩のマテを見るとため息が出る。
メッセージ、ストーリー、ロジカル、デザイン、、
レベル上げなくては・・・。
[PR]

by miyakeseiya | 2008-01-25 09:47 | 仕事
2008年 01月 23日

時間軸

入社3日目となりましたが、早速フル稼働状態に(笑)。
でも居心地はいい。早いサイクルは自分にはあっているのかも。
忙しくても自分で考えて動けるところもいい。

面接の時に持ち込んだ自分のコンサルプランが「ぜひやろう」ってことになって早速プロポーザル資料つくり。昨日の晩23時過ぎに箇条書きで作ったシナリオをマネジャーに送っておいたらなんと朝にはプレゼンができていました(爆)。早すぎる・・・。

残念なことがひとつ。
このファームで一緒に仕事がしたかった大物のシニアマネジャーが退職とのこと。事業再生のファームに移るらしい。この業界では仕方ないことなんでしょうけどタイミング悪い。

いずれにせよ、この業界は時間軸が違います。
[PR]

by miyakeseiya | 2008-01-23 09:40 | 仕事
2008年 01月 21日

初出勤!

今日はめでたし初出勤。

朝は9時過ぎにふらーっとオフィスに。最初からこんなんでええのか、って感じですが、別に辞令交付があるわけでもなく、事務の方から30分くらい諸手続きの説明を受けてすんなりと社員となりました(笑)。

社内のデータベースにも(当然ながら)アクセスでき、過去のケースワークを見てみると、有名な会社がズラズラと出てきました。戦略コンサルはちゃんと日本の産業界に貢献しているように思われます、たぶん。

そうこうしているうちにマネジャーから呼び出されて、早速ケースにアサイン。しかも3つのケースに!

ということで今日はいきなり残業です・・・・。
[PR]

by miyakeseiya | 2008-01-21 19:43 | 仕事
2008年 01月 19日

変えること

もう一つ。
会社の人の何人かに「どうしてうちの会社は良くならないんでしょう?」との質問。
それは「変えようとしないから」ではないかと思う。会社にとって「変えること」はとても労力が大きく抵抗が大きい。でもそれをしないと内部、外部の環境変化に適応できずひずみを生む。問題が起こるとその現象に対策を打つことでしのいでしまう。実のところ根本的な原因が解消されず問題は別の形で再発する。仕事の仕方、組織、意識、それぞれ状況によって変えていく必要がある。

「変えないこと」のもう一つの弊害。変えないことで仕事のフォーマットが固定化される。そのフォーマットに従って情報を加工したり、右から左に流すことに専念し始める。みんな忙しく仕事をしている様に見えるが、生み出すものは少なく生産性は低い。自分の知恵や意見を反映する隙間がなくなってモチベーションが下がる。社員からは忙しいことに対する不満ばかりが噴出する。

自ら自分を変えることは難しい。そういうときに外部から客観的に意見するコンサルタントの出番。
いい仕事したいね!
[PR]

by miyakeseiya | 2008-01-19 12:42 | 仕事
2008年 01月 19日

三か条

神戸空港から東京に帰る便が欠航になってしまい、時間が余ったのでブログ記事をもう一つ。安いからと新参航空会社を使っていますが、整備不良による遅延をすでに2回経験。メンテナンス体制は大丈夫か?とちょっと心配。やっぱり今度からこの航空会社使うの止めたほうがいいかな・・・・。

さて、あさってからついに戦略コンサルタントとしての生活が始まりますが、それにあたって自ら気をつけていきたいことを3つ。

1つ目は、自分の領域を広げること。37歳になって頭が固くなっている(笑)に加え、業界経験も豊かな反面、ついその経験知に頼ってしまいがちになる。「こういうときはこういうものだ」ではなく「本当にそうか」「なぜそうなっているのか」を常に意識すること。そのためには、ゼロベースで考えること、新しい知識や考え方を臆せず吸収していくこと。また、BCGの御立さんも述べているレンズの視点。物事を見るときは視点を広くしたり狭くしたり、角度を変えてみたりすることで本当の問題や解決法が見えてくる。

2つ目は、自分の管理。時間管理ともいえるが、簡単に言うと「今やるべきことだけやる」こと。これは意外と難しい。つい「気になること」からやってしまう。忙しい身になるだけに、自分の行動をしっかり律しないと時間が足りなくなる。

3つ目は、簡潔であること。伝えたいことはなるべくシンプルに言うこと。僕は話が長いのです(笑)。豊富な情報にアクセスできるし、ロジック思考とか重視してつい最初から最後までしゃべってしまう。「問題なんですか?」と聞かれて「一番大切なのはこれです」とだけすっきり言うほうがわかりやすくカッコいい。

それと、プラスアルファ「周囲への感謝」。いろいろな人に助けられるだけに、これだけは忘れないように・・・・。
[PR]

by miyakeseiya | 2008-01-19 12:18 | 仕事
2008年 01月 19日

Keep in touch!

昨日は現職の退職辞令をもらうため、福井県にある職場に最後の出勤。東京から半日かけてたどり着くとそこはすっかり雪景色。カラフルで喧騒の都心情景と違ってモノクロで静かな景色はしばし離れていた故郷の記憶を一気に戻してくれました。

本ブログを見てくださっている方もたくさん居られるようで「最近更新されていないぞ!」とお叱りを受けてしまいましたが、来週から新しい職場での孤軍奮闘振りをお世話になった皆さんに伝えるためにも細々でもちゃんとブログを続けていかねばと思った次第。

今回もまた多くの方々に激励を頂いた訳ですが、この転職を通じて感じたことの一つに、僕が会社を辞めるという決断したことで周囲が自分を見る目が一変したこと。今まであまりしっくり来なかった人が急に自分に歩み寄ってくれたり。転職という行動に対する興味本位もあるんでしょうけど、今までは仕事の利害での関係で見られていたのが「一人の人間」として見てもらえるような感じ。なぜそれほどまでに皆さんからの賛辞を受けることになったのか?いままでは自分が大卒で若くして役職となったことに対するねたみの様な感情も少しはあったようですが、そういう職位をあっさり捨てて自分の選んだ道を進んだことにエールをもらったように思います。会社の組織で付き合う人たちとは近い関係でありながら生き方とかポリシーのようなものを垣間見ることは意外と少ない。仕事ができるとか、愛想がいいとか、そういうのは表層的なところで、実のところ人の魅力と言うのはその人の生き方、ポリシーに対する共感だと思います。今回トップの方としゃべる機会もありましたが、仕事とはぜんぜん違う将来の夢や理想を語ってくれて、急に親近感が沸いたような気がしました。

これから新しい仕事で新たな出会いもたくさんあると思いますが、これまでお付き合いくださった皆さんとの関係は大切にしていきたい。自分の原点を思い返す意味でも貴重です。そのために、このようなブログもKeep in touchの手段ですね。がんばって更新します。

さて、来週から新たな職場にいざ出陣。
で、月曜日は何時に誰を訪ねていけばいいんだろう?(爆)
[PR]

by miyakeseiya | 2008-01-19 10:06 | 雑感