おそがけ戦略コンサル転身記

mseiya.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2008年 05月 23日

資料つくり

この仕事に移ってからかなり大量の資料(パワポ)を作ってきました。すで数百枚は行っていると思います。

我々戦略コンサルにとって書き物である”資料”はとても重要。
なぜなら、その資料を通じて「こうしたほうが良い」という提案をクライアントに伝えるわけで、相手に”刺さる”くらいの表現力がないと商品としては価値が薄い。ちなみに、”しゃべる”ことで伝えることも重要な表現手段ですが、講演などとは違い提案内容を形に残しておく必要があるためコンサルティングの成果は基本的に紙(パワポ)なのです。

また、紙に落とすことの重要性のもう一つの理由は「考えをまとめる」ことにある。上手に喋ったつもりでも、紙に出来ないということはどこかに”ごまかし”があるということ。。すなわち、資料つくりは一生懸命考えて紙に落とすことで自分の考えをまとめる作業でもあるわけで、ここにはかなり力を注ぐ部分なわけです。ちなみに、出来るコンサルタントは資料つくりのセンスも良いし、資料の作り方、見せ方にこだわりを持っています。

先日来プロポーザル(提案)資料作りに没頭。
昨日その資料のディレクターチェックがあったのですが、「ウェット感が足りない」「シンプルに表現しすぎ」「ノイズを入れろ」とか、表現面でかなり微妙なニュアンスのご指導。

ちなみに、資料をみて”?”と思う原因は2つ。
「ほんとにこれだけ?」・・・(なんかモレている)
「ほんとにそう?」・・・(理屈が怪しい、話が飛んでる)

しかし、これを突き詰めると、理屈っぽくなりすぎて、説明がクドイ資料になる。
直感が好きな人には少々の飛躍が有ってもいいし、背景を知っている人には情報を省略したほうが良いこともある。要するに相手によって資料のレベル感を考えることも必要なのです。
[PR]

by miyakeseiya | 2008-05-23 10:55 | 仕事
2008年 05月 20日

伝わらなければ・・・

この仕事を始めて今日で4ヶ月になりました。
この辺で一度この仕事に変わって感じたことを振り返ってみたい。

まず、この仕事に変わって一番変わったことは何か。
仕事の内容でいうと、今まで(前職)では「自分が正しいと思うこと」(もしくは「やれといわれたこと」)を一生懸命やってりゃ一応自分のポジションを維持することができたのですが、今の仕事の難しいところは「自分の正しいと考えることを”相手に納得させる”」ことができないとまったく成果にならない。しかも、コンサルという仕事の商品は自分の作った”紙”が全てで、もしこれがダメだとそのまま自分のに降りかかる。モノを売る商売なら
[PR]

by miyakeseiya | 2008-05-20 21:31 | 仕事
2008年 05月 14日

顧客視点

他のビジネス同様コンサルティングビジネスでも「顧客視点」が非常に重要。
しかし「顧客視点」は誤解されやすい。

鈴木敏文氏の「朝令暮改の発想」によると顧客視点とは「顧客のために」ではなく「顧客の立場になる」ということが書かれていた。

コンサルティングにおいて「顧客のために」をやってしまうと、顧客の要望、観念、欲求のレベルを超えることが出来ない。「顧客の立場」に立って何か論点で、それがどうあるべきか、どうするべきかを突き詰めることが必要。

このことはコンサルティングでは基本中の基本なのでいまさら言うまでもないが、顧客に相対しているとつい「顧客視点」がゆがみ、相手の意向に迎合してしまう。

さらには顧客の立場を「顧客の顧客」「顧客の上司」「顧客企業の経営者」に置き換えてみる。
その立場に立って必要な判断に足りるコンサルティングを提供しなければ正しい価値は出ない。
[PR]

by miyakeseiya | 2008-05-14 11:08 | 仕事
2008年 05月 07日

さて、

GWも終わり、今日からまた始動。
今回のコンサルティングは来週が最終報告。
ということで、佳境にもかかわらず何故か普通です。
不思議なほどきわめて順調。

まだこの業界に入って3ヶ月ちょっと。
慣れたというのは早いのですが、最初のころ一気に増えた白髪が今はまた元通りに(爆)。

うまくいっているのはいいことなんですが、何か足りない気がする今日この頃・・・。
[PR]

by miyakeseiya | 2008-05-07 13:11 | 雑感