おそがけ戦略コンサル転身記

mseiya.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 30日

頑張れソフトバンク!

ここのところ、携帯電話のナンバーポータビリティー(MNP)の導入に伴い、新規参入者であるソフトバンクの動向が話題となっています。特に通話料金¥0(正しくは定額料金)という事が話題をさらっています。ちなみに欧米では定額料金制が一般的であり、ソフトバンクの参入はADSLでそうであったように日本の携帯電話通話料金の価格破壊を促すものとして大きな期待が持てます。

しかし、契約変更が集中するMNP導入一日前にこの定額プランを「予想外割」として発表し、他社が追従する時間的余裕を与えず、また浮動票的な利用者を一気に囲い込むというソフトバンクの戦術には驚きました。もともと定額プランを、このような形で出すことを決めていたのかどうかはわかりませんが、おそらく競合の状況を見てオプションを選んでいくというシナリオプランニングによるものと思われます。さすが、業界に急先鋒を仕掛けるソフトバンクはただ者ではないという感じがしました。

ところが、料金内容を詳しく見てみると夜間の通話が一定時間を越えると従量料金がかかったり、基本料金の割引期間が一定期間のみであることなど、一筋縄ではない料金体系となっています。さらには契約変更者が殺到して受付が麻痺するというトラブルも起きています(YahooBB導入の時もそうでした)。

ちなみに、孫社長は「予想外割」を出すにあたって「日本の携帯電話業界は儲け過ぎている」というコメントを出していましたが、本当のところはどうなのか、NTTドコモの財務諸表から営業利益率を調べてみることにします。

FY 2001 2002 2003 2004 2005
営業利益 10,009 10,567 11,029 7,842 8,326
売上高 46,593 48,091 50,481 48,446 47,659
営業利益率 21% 22% 22% 16% 17%

なんと過去五年平均で20%を超えています。これは確かに儲かってます。NTTドコモの中村社長は孫社長の発言に対し「基地局投資の出費で実態は赤字だ」などとソフトバンクの基地局不足を揶揄して言っていましたが、設備投資のキャッシュを引いたフリーキャッシュフローは5000億円を超えるレベルをキープしていますから、はっきり言ってキャッシュジャブジャブ状態です。すなわち携帯電話の値下げ余力は十二分にある状態でしょう。

このような高利益経営が続けてこられたのも携帯電話事業の免許制により競争が起きにくかったことによると思われますが、ちなみに、小売業、電機メーカなどは営業利益率が数パーセント程度しかありません。規制産業の代表格である電力ですら10~15%程度です。孫社長が目をつけるのもわかります。

ぜひとも携帯電話の価格破壊、サービス向上に向けてソフトバンクには頑張ってほしいところであり、消費者の信頼と期待を裏切らないサービスを提供するよう頑張ってほしい。あげ足取りの好きなマスコミは早くもソフトバンクたたきを始めていますが、本来このような儲けすぎの業界により消費者が割を食っている実態について事実を伝えてほしいものです。
[PR]

# by miyakeseiya | 2006-10-30 12:06 | 雑感
2006年 10月 26日

CPA次回受験決定!

CPAの次回受験日程が決定。グアム試験場の2月26、27日で4科目の予約が取れた。
試験まで残すところ18週×7=126日!

しかし、CPAの勉強が思うように進まない。
予備校のテキストは一通り終わったのでBISKの問題集をやっているが、これがなかなか思うように行かない。一日20問くらい進めばよいところ。全部やれば4000問くらいあるので、1回終わるだけで200日(約7ヶ月)もかかる計算。やり方考え直さないと。
しかも正答率6割程度。よって復習のために2月までに少なくとも2回はやらないといけない。

焦ってきた。

恒例の4時おきで対応しているが、やはりもうすこし時間を捻出する必要がありそう。
[PR]

# by miyakeseiya | 2006-10-26 10:08 | CPA
2006年 10月 19日

キャリアにおける理念

私の様に10年以上も一つの会社に勤めてきた者にとって、新しいことに踏み出すには相当の勇気が要る。なぜかというと、新しいことへの不安だけでなく、今あるものを「捨てる」事にである。少なくとも、これまで会社の中で培ってきた仕事上の人脈や知識、大企業という組織に属することで得られる安心感、決して高くは無いが安定した収入、これらを並べてみると決して小さくないものを今の会社から得ている。これらを勇気を持って捨てるためには、それなりの理由が必要だ。得られるはずの収入がどうか、とかその会社の知名度とかいう判断理由もあるだろうが、もっとも大切なのは「理念」である。その理念を達成するためにそれ相応の犠牲を払うことが出来るかどうかということである。以前、マネックス証券社長の松本大氏が講演の時におっしゃっていたことなのだが、彼は起業する前外資系の投資銀行に勤務し、そのままとどまれば相当な収入を得る見込みがあった。しかしそれをあきらめてネット証券を起業するきっかけとなったのは、「日本に郵便貯金に代わる新しい金融インフラを作り日本経済に貢献する」(確かそんなようなことをおっしゃっていた)という高い「理念」があったのであっさりと「捨てる」事が出来たとのことであった。決してお金を儲けたいとか、起業家になりたいとかいう陳腐な理由ではない。ほんとにすごいと思ったし、自分もそういう考え方を目指すべきだと思った。

「理念」というのは夢に似たところもあり少々青臭い話になるが、このようなことはしっかりとしていなければならない。また即物的で利己的なものではいけない、普遍的で利他的でなければならない。なぜなら即物的であるとそれが得られなかった事で失敗ということになるので、普遍的な、自らの行動の判断のよりどころとなるようなものがよい。また利他的というは倫理性でもあるが、ビジネスをやる上で利己的な考えでは当然他人が付いてこないため結果的に長続きしない。組織に属してその既得権を食い続けるという利己的な考えではトップになる資格は無い。

自分にそのような立派な「理念」があるかというと、まだちょっと?かな。まあ、そういう高い理念を持っていこうという志だけは持って行こう。。。
[PR]

# by miyakeseiya | 2006-10-19 12:00 | キャリア
2006年 10月 16日

戦略コンサルタントのキャリア

戦略コンサルタントという職業はその多くの出身者がビジネス界で活躍しており、また大前研一氏をはじめメデイアを通しても有名な方も多いせいか、キャリアを高める上でとても気になる存在です。先日そんな戦略コンサルタント出身でまさにビジネス界で活躍しておられる方とプライベートでお話する機会がありました。その方は大手都銀を経て、戦略コンサルタントで8年経験を積み、その後大手コンピューター会社の営業本部長を経て、ターンアラウンドマネジャーとして事業会社の社長をなさっている方。約2年間で事業再生を見事に成功させ、引き続き社長として会社を引っ張っておられます。実はわたしのキャリアの相談ということで、MBAのゼミの先生が紹介してくださったんですが、そのような華麗な経歴をもっておられるにもかかわらずとても気さくな方で2時間近くおつきあい頂きました。(感謝!)
聞きした内容、ざくっと以下のようなことをおっしゃっていました。

アップオアアウト 
 これはやはりあるとのこと。1、2年程度で辞めている人はコンサルタントとしては失敗と考えてよい。結果を出せないでいるとファームに居辛くなる。普通の会社の様に組織の中で泳ぐ(あまり貢献できなくても居場所がある)ことは出来ない。しかし、居続けられるかどうかはやはり自分次第。年下の上司にきつく言われることも当たり前。自分の中にしっかりとした目的意識を持つことでつらいことも耐えられる。有名なファームにいるだけで結構転職の声がかかるため我慢できず辞めてしまう人も多い。しかし、コンサルタントとしての経験を自分のものにするには最低3年は頑張るべきとのこと。

戦略コンサルタントの経験と経営者への道
 論理的思考に基づくマネジメントにかかわる分析、判断力、数字でモノを見られるようになるなど、経営者として有益なスキルは身に付く。しかし、コンサルタントが能力面で秀でる反面、多くは大きな組織で働くことやリーダシップという面で欠如している人も多く、経営者になる人は意外と少ない。

キュアリアチェンジのリスク
 「アップサイドを求めるなら勇気を持って挑戦すべき。基本的にやる気があってそこそこの能力があれば食いはぐれることはないと思いますよ。仮に戦略コンサルとして失敗しても。」と心強いお言葉。

事業再生(ターンアラウンドマネジャー)
 はっきり言って甘い仕事ではない。特にファンドによる買収案件は厳しい。早期に利益を上げなければならないのでどうしても不採算部門の再編をやらなくてはならないこともある。部門再編に伴い雇用に手をつけ無ければならない場面が一番つらい。

他にも経営者としてのお考え、ご家族のことなどいろいろとお聞きしました。やはり戦略コンサルでのご経験とそれを基礎に実際のビジネスのフィールドで活躍なさっているというだけあって、とても参考になるお話を聞くことが出来ました。このようにとても責任が重く厳しいビジネスの局面で確実に実績を積み重ねている方ですが、実はまだ39歳という若さです。自分の僅か4歳の違いで・・・、と考えると愕然とします。やはりしっかりとした目的を持ち、自分を信じて勇気を持って自らのキャリアに向かい合う姿勢がとても重要であると思いました。またそのような覚悟があれば、機会が開け、人が付いてきてくれ、報われるということです。

楽だけど組織に自分のキャリアをゆだねるという人生と比べるとどっちがいいか?
[PR]

# by miyakeseiya | 2006-10-16 22:55 | キャリア
2006年 10月 04日

「若者はなぜ3年で辞めるのか? 」

今日の日経朝刊に出ていた表題の本。確かにうちの会社でも最近入社してまもなくの人がたくさん辞めている。うちの会社の場合特殊事情もあるのですが、以前はほとんど無かったことだ。紹介の内容を見ると、若者のやる気の無さや目的意識などを批判する内容ではなく、現在の多くの会社で、年功序列の最下層である若年層が割を食っているからという内容。確かに私が入社した10年前と比べてもずいぶん状況は変わったような気がします。入社したころは「大卒は幹部候補生」ともてはやされ、大卒であればほぼ間違いなく管理職以上のポストが約束されていました。しかし、そのようにして大量生産された団塊世代の管理職が今となっては会社のポストを埋め、同時に右肩上がりの経済成長に乗った企業成長の終焉とともに会社における昇進機会は極端に減っているのが現状です。そのような中、キャリアに関する閉塞感が蔓延し、まだ転職の機会が多い若手が辞めているということでは無いかと思われます。

しかし、気になるのは転職したあとのこと。転職によりそのような閉塞感から逃れることが出来るのかどうかということです。20代半ばなら次の会社では完全にやり直しであり、結局同じことにならないのか、と心配になります。このような閉塞感は業界や会社のマネジメントによってずいぶん違うのでしょうから、そういう意味では会社が選ばれる時代になってきたのかもしれませんし、会社のマネジメント層はそのような若手の離職についてもっと敏感にならなければなりません。

ちなみに、このような閉塞感は若手だけでなく、30代、あるいは40代以上の社員にも蔓延しています(少なくともうちの会社では)。長い間自らのキャリアを会社にゆだねてきた人にとって、「転職」というオプションはほとんどありません。そういう人にとって会社の外はまるで地獄のように見えるのでしょう。実はそういう人たちのほうが深刻で、部下無し課長で会社に来ても特に仕事が無いという人が激増しています。そういう逃げ場の無い状況でメンタルを病んでしまった人も結構います。そういう人たちを「自業自得」とまで責めるわけには行きませんが、大企業という大きな船の中でゆったりやってきたことの結果であるということはいえるのかもしれません。

若手はこのような状況を見て、自分の将来を危惧して行動を起こしているのかもしれません。
[PR]

# by miyakeseiya | 2006-10-04 13:06 | キャリア
2006年 10月 02日

決意

当分CPAの話題が続きそう。
やはり再度受験することを決意。CPAが無くてもキャリアプランを描くことは十分可能だけど、会計という専門性をベースに企業経営にかかわる仕事を目指したいというそもそもの目論見を再認識。誰かが「資格とは足の裏に付いた飯粒のようなもの」といっていたけど、それが役に立つかどうかは自分が資格取得後にどのようなキャリアを歩んでそれを生かすことが出来るかにかかっていると思う。「CPA取ったら目的に向けて次のステップにすすむぞ!」そう考えると何か希望がわいてきた。2月の再受験を目指して頑張ろう。また4時おき生活の再開だ。

しかし、受験料高いなー。何で$800もするの!?
[PR]

# by miyakeseiya | 2006-10-02 19:36 | CPA
2006年 09月 29日

CPA取得の目的

再受験にどうしてもやる気が沸いてこない。過去6ヶ月かけてきた時間と予備校に払った60万円のことを考えるとやめられないというのが実のところですが、そんな後ろ向きの理由でやるのはむなしいし、闇雲に資格取得の勉強に燃えても目的と手段をわからない気の毒な資格マニアになってしまいかねないし。ましてやキャリアにおいて回り道しているほど若くないし・・・。

なので、初心に帰り、「そもそもCPAなんでとんねん?」ということを再確認したく。
こういう難関資格をとるのにはお金も時間も浪費しますので、ちゃんとした目的をもって、覚悟をもって望まなければなりません。

そもそもCPAを取ろうと思ったきっかけはMBAをでて、「もっと専門性を高めたい」と考えたから。特に財務・会計の知識は会社の経営管理を理解するために必須の知識です。会計の授業もあったのですが、所詮数回の授業でさらっとやっただけなので、とても深い知識までは学べません。最近は事業再生やM&A、さらにはSOX法の導入などにより会計の知識をもった人材のニーズは高まっていますし、自ら経営に携わる場合、以前にも増して会計の知識(リテラシー)はとても重要になってきています。ということで会計のスペシャリストの証明であるCPA(公認会計士)の資格は職業会計人として監査法人で仕事をするという目的だけでなく、経営にかかわるビジネスマンにとって有用なものとなっています。それなりの会計一般知識をえるためにCPAまで取る必要は無いかもしれませんが、社内での異動や転職におけるアピールとして、その目的に合う資格は間違いなく有利です。とくに業務経験が無い場合それを補完してくれます。

資格を取ったから何かすぐに仕事が出来るというほど甘いものではありませんし、その資格を通した知識を仕事を通して発展させて活用するという姿勢を持つことの重要性を肝に銘じておきたいと思います。
[PR]

# by miyakeseiya | 2006-09-29 16:35 | キャリア
2006年 09月 29日

気を取り直して・・・

8月末にハワイに行って受けてきたUS-CPAの結果が送られてきました。
米国のAICPAから科目ごと別々の封筒で送られてきました。昨日届いたのは4科目のうち3科目。結構手ごたえあったし、4科目のうち、3科目は取れただろうな、とおもいがなら、すこしワクワクしながら開封。

しかし、、な、なんと3科目とも不合格!しっかりと「FAIL」とむなしい記載がされてました。
大体半年でCPAを取ろうという無謀な計画だったのでしょうがないとも思えるのですが、試験の手ごたえはあったつもりなので結構ショック大・・・。一応この半年間は毎日4時に起きて耐えてきたのに、やっぱしやるべきことはもっとあったのね。。何とか予備校のテキストは仕上げたと思ったけど、演習が足りなかったみたい。電話帳みたいに分厚い問題集4冊を横目に、「どうするかなー。」とため息。ということで、もう一度受験する気力はまだ出てきませんが、とりあえず今日はブルーです。
[PR]

# by miyakeseiya | 2006-09-29 12:29 | キャリア
2006年 09月 27日

視座の高さ

先日MBAの同窓会があり、久々に学友たちと飲み交わす機会がありました。そういうときに決まって交わす言葉が、「最近仕事楽しい?」とか、「転職考えてんの?」といったもの。もともとMBAに来るような人たちなので、キャリアについては関心が高い人が多いのです。新たなチャンスを求め、既に転職なさった方もいるのですが、そのまま会社にとどまって活躍されている方も多くおられます。その時の会話の中である方が、「どこにいても自分の役割はある」という事をおっしゃっていました。いまの会社がつまらないから、という理由ですぐに転職を考えるのではなく、まず今の立場を再確認して、そこでどのような貢献ができるのか、また自分の属する業界を発展させるために、自分はどうコミットしていくべきなのか、という高い視座で考えてみる事が大切ということです。それでもやはり自分としての役割が無いというのであれば、他の場所を探せば良いのではないでしょうか。
[PR]

# by miyakeseiya | 2006-09-27 09:59 | キャリア
2006年 09月 25日

勉強の時間をつくる

キャリアアップをするために資格をとったり、学校に通ったりすることって重要なことですが、仕事が忙しかったり、家庭を持ったりすると勉強する時間をつくるのって結構大変ですよね。僕の場合、仕事は幸いそんなに忙しくないのですが、1歳と5歳の子供たちが、仕事から帰ってきた僕を待ちかまえていて、家では勉強など絶対させてもらえません。なので、子供を寝かしつけ、自分もそのまま寝てしまい、朝4時に起きて、7時までの3時間で勉強。これがなかなかよいのです。最初は起きるのがしんどかったけど、慣れれば朝はとっても静かで勉強には最適。もうかれこれ3年はこういう生活をしています。おかげさまで、社会人MBAを卒業し、CPAの受験もこなせました。
[PR]

# by miyakeseiya | 2006-09-25 06:47 | キャリア
2006年 08月 23日

生き方(その2)

私は平凡な人間にはなりたくない。
自らの権利として限りなく非凡でありたい。
私が求めるものは、保証ではなくチャンスなのだ。
国家に扶養され、自尊心と活力を失った人間にはなりたくない。
私はギリギリまで計算しつくしたリスクに挑戦したい。
つねにロマンを追いかけ、この手で実現したい。
失敗し、成功し…七転八起こそ、私の望むところだ。
意味のない仕事から暮しの糧を得るのはお断りだ。
ぬくぬくと保証された生活よりも、チャレンジに富むいきいきとした人生を選びたい。
ユートピアの静寂よりも、スリルに満ちた行動のほうがいい。
私は自由と引き換えに、恩恵を手に入れたいとは思わない。
人間の尊厳を失ってまでも施しを受けようとは思わない。
どんな権力者が現れようとも、決して萎縮せず
どんな脅威に対しても決して屈伏しない。
まっすぐ前を向き、背すじを伸ばし、誇りをもち、恐れず、
自ら考え、行動し、創造しその利益を享受しよう。
勇気をもってビジネスの世界に敢然と立ち向かおう。

Dean Alfange (1899年12月2日生まれのアメリカの政治家)から採用
「株式会社アイデア・バンク アントレプレナー誌より」
[PR]

# by miyakeseiya | 2006-08-23 11:21
2006年 08月 22日

生き方

大変だけど希望がある→○
楽だけど希望が無い →×
[PR]

# by miyakeseiya | 2006-08-22 18:58 | キャリア
2006年 07月 29日

分岐点における悩み

自分もとうとう35歳を過ぎてしまい、社会人としてはすっかり中堅になってしまいました。
転職に関してはよく35歳限界説ということが言われます。仕事において専門性があったり、プロとして自立している人は関係ないのでしょうが、普通のサラリーマンが会社を移ることを考えると、行動や精神面での適応力において、やはり若手にくらべて難しくなってい来るということか・・・。

悲しいかな、自分は普通のサラリーマンであり、やはり35歳は社会人キャリアとして一つの分岐点になるような気がしてなりません。

「今の仕事、会社でこのまま定年までやって行くのか、または思い切って転職を企て、転身を図るべきか?」

一つの会社でずっとお世話になるということが以前の日本では普通でしたが、高度成長期ならともかく、会社お抱えでいい人生が送れる時代ではありません。自分にとって最適なキャリアを歩むということを目指すのであれば、目標を定め、したたかに生きていく必要があります。

しかし転職というのは一つの選択肢であり、目的であるべきではありません。キャリアにおける理念のようなものがしっかりしていないと失敗する事になりかねません。

ということで、本ブロク、このようなキャリアに悩める私の考えを整理したく開設しました。皆様のコメント、アドバイスをいただけると幸いです。よろしくお願い致します。
[PR]

# by miyakeseiya | 2006-07-29 18:46 | キャリア